林正樹×藤本一馬 DUO Live at Fluss
605f4335d5e9c9765cd438d6

林正樹×藤本一馬 DUO Live at Fluss

  • 開催日

    2021/04/16

  • 開始時間

    18:30

¥3,800 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります
林正樹×藤本一馬 DUO Live at Fluss 4月16日(金)  18時30分開場 19時開演 料金:3,800円 出演 林正樹 piano 藤本一馬 guitar 林正樹 ピアニスト、作曲家。自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」などのプロジェクトの他に、小野リサ、渡辺貞夫、菊地成孔、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を行なっている。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。作曲家として2016年舞台「書く女」(主演:黒木華 / 作,演出:永井愛)、2017年舞台「オーランドー」(主演:多部未華子/演出:白井晃)、2021年公開の映画「すばらしき世界」(監督:西川美和、主演:役所広司)の音楽を担当。 藤本一馬 ギタリスト、コンポーザー。1998年ヴォーカルのナガシマトモコとのデュオ、orange pekoeを結成。国内はもとよりアジア各国や北米でも活動を展開し幅広い支持を獲得。2011年ソロ名義での作品をリリース。アコースティックな響きと空間的余韻を内包したインストゥメンタル音楽で、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。これまでカルロス・アギーレ(pf,vo)やアンドレ・メマーリ(pf)、シルビア・イリオンド(vo)等をフィーチャーしたソロ名義作、また近年は林正樹(pf)、西嶋徹(cb)、福盛進也(dr)とのカルテットなど活動を展開し、フォークロリックな感性と室内楽の持つ静謐さ湛えたコンテンポラリー・ジャズへ昇華。その他、様々なプロジェクトへの参加、また国内および海外まで多数のアーティストと共演。